トップページヲサメとはヲサメニュース営業案内製品案内塗装とFAの相談室会社案内お問い合わせ人材募集中
コンテンツ・トップ
 納入事例 株式会社松本現色 様【小物ライン】 

工場新設までの経緯・・・先にご紹介のとおり、平成18年11月に新工場を建設し、大物ライン用粉体塗装設備に併せて、小物ライン用粉体塗装設備を導入されました。

 
 会 社 概 要

所在地:大阪府堺市堺区築港八幡町1-52
資本金:1000万円
創 業:昭和39年10月
社 員:35名
敷 地:2,480坪
生産品目:塗装品目例
     ・ガードレール
     ・メッシュフェンス
     ・アルミフェンス
     ・ガードパイプ
     ・ほか

 
 
 設備の概要【小物ライン】
大物ラインの前処理装置タンクを兼用、ディッピング処理する事により省スペース化を図っています。
処理の工程は@前処理装置→Aブローによる自然乾燥→B塗装室→C焼付乾燥炉となっております。
 
 
 装置の型式

前処理装置の型式 :ディッピング(燐酸亜鉛)
(大物ラインの前処理タンクを共用しています)
@予備脱脂→A脱脂→B水洗1→C水洗2→
    D表調→E化成→F湯洗1→G湯洗2

前処理搬送装置:自動チェーンブロック式
各処理時間や処理の有無を任意に設定可能になっております。

 

コンベヤ−装置の型式:チェンベヤー#3000(参考:設備概要の写真)
*全長約80m *速度2.5m/min *ワ−ク重量5Kg/ハンガ− *総ハンガー数530

塗装室の型式:粉体手吹きブース(参考:設備概要の写真中央)

焼付乾燥炉の型式:山型熱風循環炉(参考:設備概要の写真左奥)
*炉体(W3.5m×H2.5m×L12m) *炉内温度230℃ *バ−ナ型式=ダクトバ−ナ−
*発熱量=400,000 Kcal/hr

 
 
 工場新設・新設備導入のメリット
●大物ラインの前処理の共用でとにかく、省スペースで出来ました
        

大物ラインの前処理タンクを共用しているので兎に角省スペースで設計されていると思います。また、薬液など管理が二度手間でないのがよいと思います。塗装は粉体塗装設備を導入し、様々なメリット(高品質・低公害性・省資源等)を得ることに成功し、更に安全な職場環境つくりが出来るようになりました。

 
ページトップ